坐骨神経痛

坐骨神経痛を根本からしっかりと治したい方は、おおの鍼灸整骨院へお越しください。

坐骨神経は人体の中で最も長い末梢神経で腰からつま先までつながっています。
この坐骨神経が腰やお尻付近で圧迫をされて、お尻や太もも、ふくらはぎ、足指先に痛みや痺れを起こす症状を「坐骨神経痛」といいます。

下半身の後ろ側の痛み・痺れは、坐骨神経痛かもしれません!

お尻や太ももの裏側、ふくらはぎ、足の甲・裏にかけて神経に沿って痛みや痺れが現れるのが坐骨神経痛です!

毎日デスクワークで長時間座っているという方常に立ちっぱなしだという方など同じ姿勢をとることが多い人に起こりやすく、特に腰痛が持病だという方は気を付けてください。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛を引き起こす原因となるのは、「椎間板ヘルニア」や変形性脊椎症、脊椎すべり症などといった腰の病変の他にお尻の筋肉が原因になる「梨状筋症候群」があります。
梨状筋は股関節を支えるお尻の筋肉の一つで、この筋肉の下を坐骨神経が通っているので梨状筋が硬くなると坐骨神経痛を起こします。

坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛を発症した際は、その原因を突き止めることから始めます。坐骨神経を圧迫しているのが骨格である場合、骨格のバランスを元の健康的な状態へ戻してあげることで痛みやしびれを緩和・解消することが可能です。筋肉の過緊張でバランスが崩れておきているときは、骨盤周りの筋肉のバランスを整えて症状を改善させます。

当院では、坐骨神経痛が疑われる患者さまのお身体を触診や視診によって正しく把握し、お一人お一人のお体に最適な施術計画を作成していきます。
痛みやしびれを取り除くために効果的な鍼灸治療や、骨盤矯正、「インナーマッスルトレーニング」などを行い、患者さまの不調にいろいろな方向からアプローチすることが可能です。腰が痛い、脚がしびれるなどの症状がある時は、市川市・松戸市・市川大野、おおの鍼灸整骨院にご相談ください。