ヘルニア

ヘルニアを少しでも早く解消したい方は、是非おおの鍼灸整骨院へお越しください。

ヘルニアとは、腰椎や頚椎の間にある椎間板という軟骨組織が潰れてしまい、隣接する神経を圧迫して痛みやしびれを引き起こす障害です。
『椎間板ヘルニアは手術をしないと治らないんじゃ…?』と思われている方も多いのではないでしょうか?
時間の経過とともに体内で吸収されるという説もございますが、実際に病院で医師から手術が必要と言われる方もいらっしゃる方もいらっしゃると思います。

もちろん、すぐに手術をしないといけないくらい症状が悪化してしまっている場合には、手術を受けて改善させていくことが大切ですが、患者様のお身体の状態によっては手術をせず、おおの鍼灸整骨院での施術によって改善されるケースもございます。

骨格バランスの崩れが原因のことも…

ヘルニアは、椎間板に強い圧力が加わって軟骨組織が潰れてしまい、起こる場合もあります。
これは骨格のゆがみ・ズレが原因となり、日常的な腰への負担が累積して起こっているケースも多くございます。
その場合には、骨格のバランスを整えてあげることで痛みを早期解消することがあります。

しかし、骨格の調整は病院の治療で行われないことですし、湿布や電気療法も痛みに対する対処療法でしかありません。
ヘルニアが骨格の乱れによって起こっていると気がついていない患者さまが多くいらっしゃいます。
なので、痛みの根本をである身体の骨格バランスを整えれば、症状が改善することもあります。

現在受けている治療に手ごたえを感じられないような場合には、ぜひ市川市・松戸市・市川大野の、おおの鍼灸整骨院へお越しください。