鍼灸治療

こんなお悩みはございませんか?


  • □肩こりがひどくなると頭痛がする
    □ふくらはぎが重い
    □手がしびれる
    □脚がしびれる
    □ぎっくり腰で動くのがつらい
    □病院で自律神経が乱れている(失調)と言われた
    □更年期障害で悩んでいる
    □月経前後に頭やおなかが痛くなる
    □手足が冷える冷え性である
    □体調を崩しやすい

鍼灸治療は、市川市・松戸市・市川大野のおおの鍼灸整骨院へ


おおの鍼灸整骨院の鍼灸治療は、筋肉や関節などの動きを評価して痛みに対して局所的に施術をする「西洋医学的鍼灸」と、生活習慣などを考えながら脈やお腹の張りを診て全身を整えていく「東洋医学的鍼灸」の2つがあります。

「西洋医学的鍼灸」
西洋学的なアプローチは、腰痛・肩こり・頭痛といった筋肉の緊張や骨・関節の歪みに由来する痛みに対して効果的です。
特に筋肉の深い部分にあるマッサージでは届かない原因に対して施術する時に有効的です。
おおの鍼灸整骨院では、この西洋医学的アプローチを得意としています。

急性症状では、「寝違え」や「ぎっくり腰」など強い痛みを伴う疾患に、慢性症状では、「頭痛」や「腰痛」「ひざ痛」などの長年付き合って諦めかけていた痛みに対して非常に効果を発揮します。

「東洋医学的鍼灸」
東洋医学的なアプローチは、身体の冷えや胃腸など内臓の不調、めまいなど、身体の内側に原因が求められるものに効果的です。
東洋医学の考えでは、身体の中の「気」「血(けつ)」「水分」の流れのバランスが乱れると身体に不調が起こると言われています。
かみやま整骨院では「気」「血」「水分」の流れを把握するために、脈の流れを診る「脈診」、舌の色や厚さなどを診る「舌診」、お腹の張りや痛みがどこのあるのかを診る「腹診」を行い、身体を整えるように鍼灸施術をしていきます。
おおの鍼灸整骨院では、特に「脈診」と「腹診」を重要視しています。
患者様に合わせて治療内容は異なりますので、カウンセリングや検査をしっかりとして最適な鍼灸治療を提案させていただきます。

鍼灸治療の2大質問

Q1、鍼は痛いですか?
鍼は痛いと思われがちですが、0.16㎜~0.2㎜程の太さ(髪の毛と同じくらい)のものを使用しますので、個人差はありますが、ほとんど痛みを感じない方も多く、感じた方も思ったより痛くないとおっしゃいます。
痛みがずっと残ることはありません。
また、使い捨て(ディスポーサブル)の鍼ですので、感染症の心配もないのでご安心ください。

Q2、お灸でやけどはしませんか?
お灸は火をつけるのでやけどの心配をされる方もいらっしゃいますが、おおの鍼灸整骨院のお灸は、間接灸といって、直接肌に火がつかないタイプのものを使用しますのでご安心ください。

当院では、病気の予防や緩和に効果的な鍼灸治療や、痛みやしびれなどの症状を改善させることに特化した鍼灸治療、そしてお肌の美しさを引き出す美容鍼などを行っております。
患者さまの症状としっかり向き合い、お一人お一人に最適な鍼灸治療を行います。
鍼灸治療をご希望の方は、市川市・松戸市・市川大野のおおの鍼灸整骨院へ、お気軽にご来院ください。