むちうち

むち打ちを根本から解消したい方は、市川大野のおおの鍼灸整骨院へご来院ください。

むち打ちとは、交通事故の衝撃によって頭が激しく揺さぶられ、首の筋肉や靭帯などに損傷を負ってしまう現象です。正式には、外傷性頸部症候群・頚椎捻挫(けいついねんざ)という診断名になります。

事故の強い衝撃で、頭と身体が異なる方向へ向かう力が働き、それによって首周辺に出る症状です。鞭のように首がしなって起こる症状のため、このような名前がついています。

ムチウチは事故にあった当日は症状が出ず、翌日から徐々に様々な症状が出てきます。
首や肩・背中に重苦しい痛みが生じ、同時に吐き気やめまい、頭痛を伴うようなケースも多くございます。
その痛みは、数日で治るようなものではありません。しかし、専門的な治療を行うことで患部の回復をよりスムーズに促すことが可能となります。

ムチウチには4つの種類

むち打ちには4つの種類があります。

  1. 首の筋肉や靭帯だけが損傷を負っている「頚椎捻挫型」
  2. 首の骨の中にある自律神経が傷ついている「バレー・ルー症候群型」
  3. 神経根に損傷が及んでいる「神経根症状型」
  4. 脊椎にまで損傷が及んでいる「脊椎症状型」

以上の4種類です。
事故の程度によって、ダメージが加わった部位・ダメージの具合が異なってきます。
いずれの場合も大切なのは、患部に真に適した施術を行うということです。
現在受けている施術に効果が感じられない場合には、ぜひ当院へご相談ください。

当院では、むち打ちの症状にお悩みの患者さまからじっくりとお話を伺い、触診をしっかりと行った上でお一人お一人に最適な施術プランをご提案しております。施術だけでなく事故によって発生した保険手続きに関しても患者さまを幅広くサポートしておりますので、まずは気軽にお問い合わせください。