ぎっくり腰

ぎっくり腰にお悩みの方は、是非おおの鍼灸整骨院へお越しください。

●こんなことでお悩みではありませんか?

腰痛

  • ◇荷物を持ち上げた際、腰がギクっとした
  • ◇くしゃみをしたら、急に腰が痛くなった
  • ◇かがんだ際、腰に激痛が走り起き上がれなくなった
  • ◇身体を捻ったら、急に腰が痛くなり動けなくなった
  • ◇ずっと同じ姿勢でいたら、徐々に腰の痛みが強くなった
  • ◇何度も腰痛を繰り返し起こしている

ぎっくり腰(急性腰痛症)は、様々な原因が重なり合い発症することが大半です。
急激な腰の痛みが発生することから「魔女の一撃」とも言われています。

ぎっくり腰になってしまう、代表的な原因

1.急激な負荷による筋肉・関節の損傷

重い物を持ち上げることによる腰への負担や激しいスポーツでの過度な腰への負荷

2.腹筋・背筋の筋力低下

加齢に伴う筋力の低下や同じ動作の繰り返しによる筋肉疲労

3.骨盤・背骨の歪み

姿勢の悪さや長時間の同じ姿勢による骨盤や背骨の歪み

上記の3つほどが、代表的なものです。
日常生活の中で積み重なった負担に耐えきれなくなって、ぎっくり腰を引き起こしてしまうのです。

ぎっくり腰の経験のある方ならわかると思いますが、ぎっくり腰は、一度引き起こすとたびたび「再発」される方が多くお見えです。
これは、ぎっくり腰が一度治ったからと再び日常生活の動作で腰へ負担をかけていることで、知らぬ間にぎっくり腰再発の可能性を高めているからです。
普段から身体の点検やケアを兼ねて、歪みなどを改善することが「再発防止」につながりますので、定期的なメンテナンスをすることがとても大切になります。

ぎっくり腰は、身体の痛みの原因を根本的に取り除けていないために起こります。
また、医療機関でもらった湿布や痛み止めの薬を試しても、痛みがとりきれないのは根本から解消できていないためになります。

ぎっくり腰になった場合は、まず痛みが楽な姿勢をとり、筋肉の炎症を抑えるために患部を冷やしましょう。
そして、なるべく早く、おおの鍼灸整骨院においでください。

どの動きが痛いのか?と確認するために身体をひねったり、プロではない方やご自身でマッサージをされたりといったことは、なさらないようご注意ください。
余計に筋肉を痛めたり、落ち着いた炎症をぶり返させてしまったり、悪化の原因につながります。

ぎっくり腰は、日常的な腰への負担をなくす、予防が大事です。
当院では、骨格から歪みを改善していきます。日常動作の癖による腰への負担を、おおの鍼灸整骨院でなくしていきましょう!