変形性膝関節症

長年のひざ痛を諦めていませんか!

●こんなことでお悩みではありませんか?

  • ◇ひざが曲げられない
  • ◇階段の昇り降りで膝が痛い
  • ◇イスから立ち上がる時、膝が痛い
  • ◇膝を伸ばすときに痛みが出る
  • ◇ひざのお皿が痛くて歩けない
  • ◇動き始めに膝が痛い
  • ◇正座ができない

膝痛は私たちにとって非常に身近な関節痛です。
スポーツによる故障や加齢によっておこる膝痛は慢性化しやすく、こわばりやしびれの原因にもなります。少しでも早く適切な手当てをするのが理想的です。

変形性膝関節症が起こる原因は?


変形性膝関節症は、加齢や肥満によるものと言われていますが、本当にそうでしょうか?
高齢の方や肥満症の方に多く発症していますが、高齢の方全員が発症しているわけではありません。

おおの鍼灸整骨院では、変形性膝関節症は下肢の筋力低下で起こると考えてます。
大腿四頭筋という太ももの前側の大きな筋肉は膝を伸ばすときに使う筋肉です。この筋肉が劣化すると膝を前側で支えることが出来なくなり、関節や骨に体重がかかるようになります。すると、膝関節の中にある半月板という軟骨組織がすり減り、さらに負担がかかり続けると骨自体も変形するのです。
変形性膝関節症は、膝が変形することで歩行も乱れてしまいます。それによって、お尻の筋肉の負担が大きくなり、骨盤の歪みや腰痛を発症しやすくなります。

おおの鍼灸整骨院のひざ痛治療


おおの鍼灸整骨院では、膝の炎症を抑えるために特殊電療のハイボルテージを行い、痛みや変形の根本的な原因となっている筋力低下や筋膜の柔軟性の低下に対して、「筋膜調整」をするために鍼治療や運動療法を施していきます。

ひざ痛の原因の大半は、大腿四頭筋を含む下肢の筋力低下が原因です。炎症を起こしてしまうのも、変形を起こしてしまうのも、膝を支える下肢の筋力がないからなのです。
おおの鍼灸整骨院では、なぜ筋力が落ちてしまったのか、なぜ柔軟性が悪いのかをしっかりとカウンセリングと筋力検査をして明確にしていきます。
また、膝周辺の筋肉だけではなく、股関節や足関節などが膝関節に影響を与えていることもありますので、全身の状態を確認しながら施術をします。

変形性膝関節症を放っておくとどうなる


変形性膝関節症は放っておいても良くなることはありません。関節の炎症が強くなって、今よりも歩くのが困難になり腰や股関節を二次的に痛めてしまうこともあります。最悪の場合は膝関節を手術ということにもなります。

膝が痛くなるのは歳のせいといわれる方が多く、治らないと思っている方も多いです。実際に当院にいらっしゃる患者様からも聞く話です。しかし、おおの鍼灸整骨院では、膝周辺の筋肉を見直すことで「変形性膝関節症」の痛みを改善することが出来ます。サポーターやシップで痛みをごまかさなくて済むようになります。
また、本当に手術が必要な時は、必要とアドバイスします!

膝の痛みで長年お悩みの方、ひざ痛を治して元気に過ごしたい方は、ぜひ一度、おおの鍼灸整骨院にご相談ください。