出産後の腰痛の原因は?

無事に出産を終えて、ひと月くらい経ち、赤ちゃんとの新しい生活に少しずつ慣れてきたのに、腰が痛くて抱っこがつらい
と、お悩みのママさんが多いと思います。

出産後になぜ腰痛が起こるのか?
それは下記のような原因があります!

1、出産時に産道を開くために骨盤が歪んでしまう

妊娠後、女性ホルモンのバランスが変化します。
出産前には、女性ホルモンの中の「リラキシン」というホルモンの働きにより、骨盤を支える靱帯が弛み骨盤が開きやすくなり、赤ちゃんが産道を通りやすいようになります。
出産後は、インナーマッスルの働きで骨盤は元の状態に戻るのですが、ここが弱っている方が多く、腰痛を起こすママさんが多いのです。

2、赤ちゃんがお腹にいたときの負担により、「そり腰」になっている
胎児の成長とともにお腹が張り出し身体の重心が前に出ます。その状態で身体を支えるため腰の筋肉が疲労して痛みを起こします。出産後も反り腰のままになり、骨盤が前に傾いたまま固定されてしまい頑固な腰痛を起こします。

3、育児による疲労
子育てにより、長時間子供を抱っこすることが多くなります。背骨や骨盤を正しい位置での維持が因難になります。また、抱っこも片方の腕ばかりで抱っこをしてしまったりと、身体のバランスが大きく崩れて腰痛の原因になります。

出産後の腰痛のカギはインナーマッスル!
おおの鍼灸整骨院では、妊娠出産で弱ってしまったインナーマッスルを鍛えるお手伝いをします。
市川大野・松戸市・船橋市エリア、おおの鍼灸整骨院の産後骨盤矯正の説明はコチラ↓
市川大野駅から徒歩1分。産後骨盤矯正で産後の痛みや体型の変化をスッキリしましょう!当院の産後ケアプログラムは、妊娠前よりキレイなママをモットーに妊娠・出産で落ちてしまった筋力を回復させることを第一に考えています。