四十肩、五十肩には上腕三頭筋のトレーニングが有効!

皆様こんにちは
おおの鍼灸整骨院です。

このブログを見ていただいている方はご自身や周りの方に四十肩や五十肩にお悩みの方がいらっしゃるからだと思います。
全人口の約2~5%の割合で発生するので結構身近な症状だと思います。

そのため本やインターネットなどでたくさんの情報、対処法が見受けられます。

治療法を見てみると運動療法としてリハビリやストレッチをやっていくと良いと言われていますがどこの運動をするべきなのかわからない方が多いと思います。

そこで私たちは肩の痛みの改善に有効な体操を紹介いたします。

それは上腕三頭筋の運動になります。

上腕三頭筋について

上腕三頭筋とは肩甲骨、上腕骨という腕の骨から尺骨という肘の骨につく筋肉です。

力こぶと言われている上腕二頭筋とは反対の腕の後ろ側を通る筋肉になります。
この上腕三頭筋の働きは肘を伸ばすことと言われていますがもう一つ重要な働きがあります。

それは肩甲骨を引き寄せるという動きになります。

立った状態で気をつけの姿勢になりその状態で肘、手のひらを思いっきり外側に向けてみます。。
そうすると上腕の後ろ側が収縮し、硬くなっているのが確認できると思います。
皆様も確かめてみてください。

ちなみにこの動作胸を張る動作に似ていませんか?

この上腕三頭筋が働くと胸を張りやすくなり肩甲骨が背骨の方に寄せやすくなるのです。

そして、この肩甲骨を引き寄せるこの働きが出来ていないと肩甲骨の動きが制限されてしまいます。

実は、腕を上げる際、上腕の骨だけでなく、肩甲骨も一緒に動きます。この動く角度は比率で決まっていて肩甲上腕リズムとも言われています。

そのため肩甲骨の動きが悪いと上腕に負担がかかってしまうため炎症が起きてしまうわけです。

ですから、この上腕三頭筋の運動をしていくことで肩甲骨の動きが良くなり、四十肩、五十肩の改善が可能です。

上腕三頭筋の運動方法

それでは上腕三頭筋の運動方法をご紹介します。

1. 立った状態で腕を少し前に出します。

2. 手のひら、肘を外側に向けます。

3. その状態で手のひらを上に反ります。

4. 1~3をキープしたまま肘を限界まで伸ばします。これを10秒キープします。

これを左右三回ずつ行います。

以上が上腕三頭筋の運動法になります。

肩を回したり上げる動作をしていませんので肩を上げずらい方でも行える方法だと思います。

是非皆様もこの運動を行ってみてくださいね!