ルート治療

ルート治療

JR市川大野駅から徒歩1分。
おおの鍼灸整骨院は『ルート治療』の専門院です。

ルート治療とは、痛みやだるさなどあらゆる症状、疾病の1番の原因は身体に「蓄積したコリ」にあるという考えに基づき、身体の直接的に徹底的に鍼を集中させることで、普通の鍼治療では改善することのなかった症状にもアプローチすることができる鍼処SHIRAKAWAの白川勇作先生が考案された治療法です。

症状改善を第1に考えたルート治療は、他の鍼灸院では使用しない太めの鍼を打ちます。 刺激が強い分、改善効果を感じていただける鍼灸業界でも話題の鍼治療法です。

このようなお悩みの方にご提案します!

・体がだるく病院にかかっているが原因がわからない

・腕がだるくて困っている

・足が重くて歩くことがつらい

・痛み止め薬を飲んでの生活を変えたい

・鍼治療を受けたことあるが効果が実感できなかった

・とにかく体を良くしたい

ルート治療の適応症

頭部疾患

  • 頭痛
  • 不眠症
  • めまい
  • 薄毛
  • 脱毛症

顔面疾患

  • 眼精疲労
  • ドライアイ
  • 慢性鼻炎
  • 副鼻腔炎
  • 蓄膿症
  • 耳鳴り
  • 突発性難聴
  • 顎関節症
  • 顔面神経麻痺
  • 顔面神経痛

頚肩腕疾患

  • 首の痛み
  • 肩の痛み
  • 腕の痛み
  • 肘の痛み
  • 手のしびれ
  • 五十肩
  • 頸椎ヘルニア
  • スポーツ疾患
  • 腱鞘炎
  • ばね指

背部・腰部疾患

  • 腰痛
  • 背中の痛み
  • 変形性腰椎症
  • 腰椎ヘルニア
  • 肋間神経痛
  • 坐骨神経痛

下肢疾患

  • 股関節の痛み
  • 膝の痛み
  • 足首の痛み
  • 足底筋膜炎
  • 肉離れ

内臓疾患

  • 喘息
  • 気管支炎
  • 慢性胃炎
  • 胃痛
  • 便秘
  • 下痢
  • むくみ

精神疾患

  • 自律神経失調症
  • 不安神経症
  • イライラ
  • パニック障害
  • 倦怠感
  • 原因不明の痛み

内分泌疾患

  • 動機
  • めまい
  • 不眠
  • 更年期障害
  • 婦人科系症状

不定愁訴

病院での検査で原因となる病気は見つかっていないが症状のある状態

ルートとは何?

身体に蓄積したコリは体質・症状によって変形します。 そのコリが存在している場所・範囲を「ルート」と呼びます。

特に患者様ご自身が「ここをほぐして欲しい!」と感じる場所にルート(コリ)は存在しています。
患者様からお話を伺って、目でみて、手で触って、お身体の変化を確認しながら適切にルートを捉えて鍼を集中的に打つことで、ルートに血流を集めて患者様自身の免疫の働きにより、コリをほぐします。

ルート(コリ)ができる要因

①使い過ぎ・筋肉の緊張の蓄積
②ストレス(不安・怒り・気の使いすぎ等)の蓄積
③先天性のコリ(物心ついた時から身体がこっている、何もしてないのに調子が悪い)
④手術や交通事故、大きな怪我によるコリ
⑤内臓の不調

元々人体には自然治癒力(傷を治す力)が備わっており、身体の異変を認識し修復しています。
しかし蓄積されたコリは身体が損傷とは認識しないために修復されることはありません。そこでコリのある場所・範囲に集中的に鍼を施術し、身体にコリを認識させて、自然治癒力で修復させて改善に導いていくのがルート治療です。

ルート治療の注意点

『治療頻度』について・・・

・基本的には症状が改善するまでは月2回のペースでのご通院を提案させていただいています。
・平均的に月12回来院される患者様が多いです。
・症状の早期改善を目指すのであれば、週1回の治療が効果的です。治療後免疫修繕により3~4日位で回復に向かいますので、次の治療は1週間後くらいが理想的です。

『好転反応』について・・・

好天反応とは、治療により身体が良くなっていく過程で出る生体反応で、治療開始直後に症状が重症な方は出やすい傾向にあります。

身体の状態が改善していくにつれて好転反応は少なくなっていきます。

以下に代表的な好転反応の症状をご説明します。

・ 鍼を刺した場所の腫れ、痛み、疼き、違和感、ポツポツとした膨らみ、かゆみ (施術当日のみで良化します)

・ だるさ、眠気、発熱 (重症の方は4~5日続く場合があります)

・ 刺した部位の内出血、青あざ (消えるまでに約1~2週間かかります)

『治療回数』について・・・

ルート治療の治療効果は蓄積型となりますので、回数を重ねるほど変化や改善、結果が大きくなります。
比較的新しい症状の場合、治療回数はかかりませんが、長年積み重ねたコリの量が多い方ほど治療回数がかかります。

コリを数値化することは難しいのですが、蓄積したコリの総量を300としたときに、1回の治療で100程度のコリを除去したとすると3回ほどの治療で改善できますが、元々の蓄積したコリが1000あった場合は10回ほどの治療回数が必要となるイメージです。