坐骨神経痛

坐骨神経痛とは?

坐骨神経は人体の中で最も長い末梢神経で腰からつま先までつながっています。
この坐骨神経が腰やお尻付近で圧迫をされて、お尻や太もも、ふくらはぎ、足指先に痛みや痺れを起こす症状を「坐骨神経痛」といいます。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛を引き起こす原因となるのは、「椎間板ヘルニア」や脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などといった腰の病変の他にお尻の筋肉が原因になる「梨状筋症候群」があります。

梨状筋症候群
梨状筋は股関節を支えるお尻の筋肉の一つで、この筋肉の下を坐骨神経が通っているので梨状筋が硬くなると坐骨神経痛を起こします。

梨状筋症候群は、「長時間多く座っていることが多いデスクワーク」や「自動車の運転」などに起こりやすいのが特徴としてあります。

脊柱管狭窄症

脊柱管とは、脊髄(頭と首の境目から腰部まで)神経が通る管の事をいいます。加齢や労働で椎間板や関節が変形をきたし脊柱管を圧迫し神経を刺激し坐骨神経痛を起こします。

加齢による変形が原因となるため、50歳以上に発症しやすいのが特徴です。

腰椎すべり症

腰椎すべり症は、椎体と椎体が前後にずれてしまい椎間板が突出してしてしまうことで、脊柱管を通る馬尾神経、神経根を圧迫してしまうことで、腰痛、下肢痛、下肢のしびれなどの症状がでます。ほとんどが腰椎で起こるので「腰椎すべり症」といいます。

このようなお悩みがある場合は、坐骨神経痛かもしれません!

✅腰やお尻の痛みがある
✅長時間座っているとお尻や足がしびれる
✅長時間立っているのがつらい
✅片側のお尻や足がしびれる
✅足先が冷たく感じる
✅痛み止めを飲んでも症状が改善しない。

おおの鍼灸整骨院での坐骨神経痛の治療法とは?

おおの鍼灸整骨院では坐骨神経痛に対して

「原因の特定」

「骨格・骨盤」の歪みを整える。

「関節周りの筋肉のバランス」を整えることを重視しています。

原因の特定
坐骨神経痛は症状の原因をはっきりさせないと施術の効果がありません。

おおの鍼灸整骨院では、カウンセリングと検査を入念にする事で、坐骨神経痛が起きてる原因を探し出し、最善の施術をします。

「骨格・骨盤」の歪みを整える

腰にかかる圧は姿勢で変わります。日常生活で姿勢や身体の使い方を変えていかなければいけません。そのために身体の幹となる骨格・骨盤を整えていく必要があります。

「関節周りの筋肉のバランス」を整える

骨盤や骨格を整えても、すぐ元に戻ってしまいます。
元の状態に戻さず筋肉のバランスや関節の柔軟性を出す必要があります。おおの鍼灸整骨院では、痛みやしびれを取り除くために効果的な「鍼灸治療」や、、「インナーマッスルトレーニング」などを行い、患者様ひとりひとりにあった最善の施術を選択し筋肉・関節に対してのアプローチします。

腰が痛い、お尻や足のしびれが気になる方や、治療を受けてもなかなか改善しない方は、市川市・松戸市の市川大野エリア、おおの鍼灸整骨院にご相談ください。

<LINEで予約できます

<今すぐお気軽にご相談ください>

おおの鍼灸整骨院に電話:047-710-0805