外反母趾

外反母趾専門施術(保険外)


Q:外反母趾って改善できるの?
  A:きちんとした評価で治療をすれば改善できます。

□歩くと親指の内側が痛い
□痛くはないが親指が曲がっている
□扁平足である
□足の裏が疲れやすい


足の裏はアーチ構造になっているのをご存知でしょうか?
足のアーチには、内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチの3つがあります。
この構造の縦アーチの部分が崩れたものを扁平足といい、横のアーチが崩れたものを開張足といいます。
外反母趾になっている方のほとんどが開張足、もしくは扁平足と言われています。
開張足では歩くときには足の親指に力が入らずに地面を強く蹴ることが出来ません。
このために歩行が乱れ、開張足の人は足の2・3指の付け根で地面を蹴ってしまいます。
そうすると更に横アーチを崩してしまい、外反母趾の原因になります。
扁平足の人は、内側縦アーチが崩れることで足の親指の根元で地面を蹴る歩行して外反を強制することで外反母趾を起こします。

あなたの足は大丈夫?


1、開張足 :足の横幅が広がってしまっている
2、浮指  :開張足の上、足の指が地面から浮き上がって足指が反り返ってしまう

これらの症状は、歩くときに足指を上手に使えていないから起こります。
おおの鍼灸整骨院の外反母趾専門施術は、原因となっている悪い歩行も改善できるように運動指導もしていきます。
外反母趾は治らないと諦める前におおの鍼灸整骨院にご相談ください。

このような方に提案します!

・長年痛みがあるが、痛いときに整形外科に行ってシップと痛み止めをもらっていた
・整骨(接骨)院に行っていたが、電気をかけるだけだった
・病院で専用のサポーターを買ったが改善しなかった
・手術をしたが痛みが変わらなかった

※上記の方たちは、保険の範囲内で施術や治療を受けていた方たちです。
その時の痛みを抑えるには足りていたかもしれませんが、根本的に治すにはなぜ外反母趾が起こったのかを分析して原因を取り除くことが大切です。