カッピング治療

市川大野のおおの鍼灸整骨院のカッピング(吸い玉)治療で、デトックスしませんか?

カッピング治療とは、吸引によって筋肉や皮膚を吸い出し、筋肉のコリや滞ってしまっている血液の流れを改善していく治療法です。

筋肉のコリというのは、使いすぎたり、同じ姿勢をとり続けることによって、筋肉が硬くなってしまう状態の事です。

どうすれば筋肉は柔らかくなるのか?

筋トレなどの高強度の負担から、運動不足などによる筋肉の柔軟性の低下など筋肉のコリには様々な原因が考えられますが、その原因の一つに血流不足があげられます。

筋肉が疲労してしまい血液循環作用(いわゆる筋ポンプ作用)が正常に働かなくなってしまうことで、心臓に戻る血流(静脈血)が滞ってしまいます。
血流が不足すると、当然筋肉への栄養供給がうまく行われず、老廃物の代謝が悪くなります。これにより筋肉が硬くなってしまいます。

カッピング治療は、背中などに置いたカップ内の空気を抜きながら皮膚に吸着させます。
皮膚がカップ内に引っ張られることによって、その部分の血管が拡張します。結果、血液の流れる量も速さも改善されます。
皮膚表面の毛細血管だけでなく、深部の血管まで拡張されるため、滞りがちなドロドロした血液も身体の老廃物も綺麗に流れやすくなるのです。

当院では、まず患者さまからじっくりとお話を伺い、お身体の状態を確認した上でお一人お一人に合わせた吸引力にて行って参ります。
カッピング治療ではストレス解消やデトックス効果も期待できるので、お身体全身のバランスを整えることも可能となります。
カッピング治療では、施術部位にカップの跡が残ってしまいますが、1週間ほど経つと消えますので安心してご利用いただけます。