テニス

より実感しやすいテニス治療をお望みの方は、おおの鍼灸整骨院へお越しください。

テニス治療とは、テニスをプレーする中で負ってしまう怪我や不調を専門的に治療する手法です。

テニスは足腰を激しく使う上に、肩や肘に強い力のかかるスポーツです。
サーブ・スマッシュ・ボレーなど複雑な動きをコントロールするため、ラケットを持つ利き手側の上肢と腰の負担、またボールを追うための素早い動作による下肢へ大きな負担。
慢性的な障害になってしまい大きな外傷・怪我につながる危険性も高い、肉体的にも精神的にもハードな競技です。

テニスで起こるスポーツ障害『テニス肘』

テニスで起こるスポーツ障害といえば『テニス肘』が代表的です。
ボールをラケットで受けて打ち返すインパクトの衝撃が肘に集中するため、肘の腱などが炎症を起こし、肘関節に痛みが生じるようになってしまいます。
主に、肘関節の外側の痛みはバックハンド、肘関節の内側の痛みはフォアハンドの時に起こります。
どちらも、衝撃を受けた筋肉が硬くなり、柔軟性が失われていることで痛みを引き起こしています。
動かさないでいる分にはほとんど痛みが出なくても、ボールを打つ際には痛みが生じますのでまずはテニスをお休みされる必要がございます。

テニスは、テニス肘だけでなく、広いコートを走るそのため足首や膝、太もも、肩や肘などいろいろな関節や筋肉に損傷を負いやすい傾向にあります。
おおの鍼灸整骨院では、怪我や不調にお悩みの患者さまからじっくりとお話を伺い、触診や視診を十分にさせていただいた上でお一人お一人に最適なテニス治療プランをご提案しております。スポーツ専門トレーナーが必要に応じてテーピングやリハビリテーションを行い、治療後の患部に違和感が残らないようボディケアをしていきます。