陸上競技

陸上競技による怪我や不調は、スポーツトレーナーのいるおおの鍼灸整骨院で速やかに治療して参りましょう。

陸上競技は、短距離・長距離・走り幅跳び・走り高跳び・棒高跳び・ハードル・投てきなど、さまざまな種類があります。
取り組まれている競技によって、体のどこに負担がかかりやすいのかが変わってきます。

短距離などでは、大きなストライド・速いピッチなど下肢に大きな負担がかかります。よくあるスポーツ障害としては『肉離れ』があげられます。
長距離などでは、繰り返しの着地と蹴り出しで下肢全体に負担がかかります。大きな衝撃・負担がかかるわけではないので、慢性的に疲労した結果で障害が起こりやすいです。主に『腱炎』などがあげられます。

他にも、陸上競技では『疲労骨折』もよく見られます。
どの競技においても、過度な練習によることが多く、毎日の身体のメンテナスが特に重要だと言えます。
関節や筋肉に痛みやしびれ、こわばりなどの症状が続いているようでしたら、靭帯の造形を熟知している治療施設で手当てを受けていただくのが理想的です。

陸上競技による怪我や不調を解消するためには、患部の状態を正しく把握して、真に必要な施術を見極めて施していく必要がございます。決まり切った施術を継続的に行うだけでは、患部の回復が遅れてしまいますし、湿布薬や痛み止めの処方のみの経過観察は大変危険です。

おおの鍼灸整骨院では、怪我や不調にお悩みの患者さまへじっくり丁寧にカウンセリングをさせていただき、触診や視診を十分に行った上でお一人お一人に最適な施術プランをご提案しております。スポーツトレーナーがテーピングやリハビリテーションを担当し、ご要望に応じて陸上競技の現場へ実際に赴いて患者さまのボディケアをさせていただくことも可能です。

お客様の声

肉離れ01おかげさまで
肉離れがなおり
ました〜!