バスケ

より効率的なバスケ治療をお望みの方は、おおの鍼灸整骨院へお越しください。

バスケ治療とは、バスケットボールをされる上で起こりやすい怪我や不調を解消するための専門治療です。

バスケットボールは、コートを駆けまわり、選手同士が体をぶつけ合いながらボールを追いかける激しい競技です。
ジャンプはもちろん、ダッシュ・ストップなど前後左右への瞬発力と跳躍力が求められます。
特に足腰に大きな負担がかかりやすく、手首や指先に怪我を負ってしまうことも少なくありません。

バスケで起こる主なスポーツ障害『ジャンパー膝』とは?

バスケットボールで起こりやすいスポーツ障害には、ジャンパー膝という症状が挙げられます。
ジャンプ動作を繰り返すことで、膝の炎症が起こっている状態です。
ジャンプ競技でよく見られる障害なので、陸上競技の走り高跳び・走り幅跳びや体操、サッカーなどボールを蹴る競技などでもみられます。

症状は、ジャンプした時に膝の痛みを感じます。
痛みを感じる箇所は、ほとんどの場合は、お皿の下側なのですが、まれにお皿の上側が痛み場合もあります。

ジャンパー膝の原因

ジャンパー膝になる原因としては、太ももの前の筋肉の硬さが考えられます。

ジャンプ動作などを繰り返すことによって、太ももの前の筋肉は疲労します。
疲労すると筋肉は硬くなり柔軟性が失われるので、膝のお皿の下の膝蓋靭帯も上に引っ張られ、お皿の部分で摩擦が起き痛みが出ると考えられます。
これは骨の異常ではないので、X線(レントゲン)では気づきにくく、そのために根本の治療改善が遅れることが多々あります。
膝の不調に対して適切な処置が遅れると、患部に症状が根づいてしまうこともあるので、少しでも違和感を感じたら、おおの鍼灸整骨院にご相談ください。

ジャンパー膝の改善への施術

ジャンパー膝の原因は太ももの前の筋肉の硬さになりますが、この筋肉を柔らかくするだけでは、完治に至りません。
おおの鍼灸整骨院では、太ももに連動する筋肉のマッサージや、全身の筋肉をバランス良く動かせるようにするために、身体の歪みの改善を行います。
当院では、怪我や不調にお悩みの患者さまへ丁寧にカウンセリングをさせていただき、患部を触診・視診した上でお一人お一人に最適なバスケ治療を行っていきます。当院はスポーツトレーナーのいる整骨院であり、必要に応じて患者さまにテーピングやリハビリテーションを行っていきます。