野球

より実感のできる野球治療をお望みの方は、おおの鍼灸整骨院へお越しください。

野球治療とは、野球をプレーする中で起こりやすい怪我や不調を解消するための専門治療です。

野球では、スイングや投球をする際に肩や肘に負担がかかりやすいだけでなく、足腰にも継続的な負担がかかります。そのため、急な怪我や慢性的な不調が引き起こされるケースも少なくありません。
代表的なスポーツ障害として、『野球肘』『野球肩』があります。

野球肘の症状

一般的に『野球肘』と言われていますが、実際には投球動作が加わるスポーツ全般で起こるスポーツ障害です。
投球による肘関節部の使い過ぎで起こる炎症のことを言い、他のスポーツだと『テニス肘』と呼ばれることもあります。
症状は、肘の内側・外側にしびれ・痛みがあります。
外側の痛みは、内側より症状が出る頻度が少ないですが、重い症状・怪我となる可能性があるので、早めに当院へご相談ください。
症状が出た場合、投球時に関節のロッキングがあることもあります。この場合は、投球フォームに乱れが生じるため、肘への負担がより大きくなるので、注意が必要です。

野球肩の症状

投球時のフォームによって起こるスポーツ障害で、上腕骨の肩まわりで炎症のことを言います。
小・中学生のよくみられる症状なので、リトルリーグ肩と呼ばれることもあります。
症状としては、肩の痛みが出ます。
投球時や投球後に痛みを感じますが、動き自体に問題がないため、痛みを我慢して投球を続けてしまいがちです。痛みを我慢して続けてしまうと、結果的に肩の変形をおこしてしまうこともあるので、早めにおおの鍼灸接骨院へご相談ください。

野球肘・野球肩を発症してしまったら

野球肩も野球肘も、発症したらまずは投球の動作をお休みしなくてはなりません。
患部の痛みや違和感を取り除きながらインナーマッスルを鍛えるなどのリハビリを行い、同じ症状が現れないような治療を継続的に行っていきます。病院で湿布薬や痛み止めなどの処方をされているだけ…という方は特に注意が必要です。

野球肩や野球肘という症状は、野球をされる方が発症しやすいスポーツ障害の一種です。
投球の動作を繰り返すことで発症するケースが多いですが、野球肩は特に野球に限らず他のスポーツでも起こりうる症状です。
肩や肘に痛みや違和感がある場合には、ぜひおおの鍼灸整骨院へ早急にご相談ください。患部の治療とリハビリが早期回復のカギを握っています。

病院や整形外科でしかるべき検査・施術を受けているにも関わらず、不調が長引いているという方はいらっしゃいませんか?人の体の造りは非常に複雑であるため、神経や筋肉、骨格に受けたダメージを病院で見つけることができないケースもございます。

当院では、怪我や不調に悩まれている患者さまからじっくりとお話を伺い、触診や視診を十分に行った上でお一人お一人に最適な野球治療を行って参ります。スポーツ専門のトレーナーが、必要に応じで患者さまへテーピングやリハビリテーションを行いますので、スポーツによる怪我や不調をより効率的に解消することが可能です。