オスグット

お子さまのオスグットを速やかに解消したい方は、おおの鍼灸整骨院へお越しください。

オスグットとは、運動・スポーツをする成長期にあるお子さまが発症する膝痛の一種です。
成長期にある膝の痛みというと、『成長痛』を想像される方は多いと思います。また、病院での診察した際に、成長痛と診断されてしまうことがありますが、オスグットは成長痛ではありません!

オスグットは、スポーツ・運動をする小学校の高学年から高校生までの子供に起こりやすいケガです。筋肉や骨の発育が未熟な状態にあるお子さまが過剰なトレーニングやスポーツを継続的に行うことで発症しやすくなります。
この時期がちょうど成長期にあたるので、膝の痛みは成長痛と勘違いしてしまいがちですが、ここでしっかりと治療をすることがとても重要です。
『成長痛なら放っておけば治る』と考え、痛みを抱えたまま運動・スポーツをしてしまうと、患部を庇った動きをしてしまいます。これを続けてしまえば、痛みをかばうために他の筋肉に負担がかかり、結果的に別の怪我に繋がってしまったり、間違った筋肉の使い方を覚えてしまい身体のバランスが崩れてしまったり、運動・スポーツ・競技の上達の道を阻む原因となってしまいます。
いち早く痛みを取り、競技・スポーツの練習へ復帰できるように、市川大野のおおの鍼灸整骨院にお早めにご相談ください。

オスグットの症状とその原因

オスグットは、膝のお皿の下あたりがボコッと出っ張り、動かしたり、正座で座ることで痛みが引き起こされます。
これは脛の骨が剥離したり、隆起して変形することで起こる症状です。
なので、痛みのある患部は膝のお皿がある下・膝下あたりになります。

しかし、この原因は太ももの前側の筋肉が硬いことにあります。
太ももの筋肉が、膝下の骨の部分を引っ張ることで痛みが出るのです。

太ももの筋肉を柔らかくすれば痛みも治るのか…というと、これもまた違います。
太ももの筋肉が硬くなる原因は、身体の軸・バランスが崩れていることが考えられます。

筋肉がこわばり、脛骨を強くけん引している状態ですので、まずは筋肉のこわばりを緩めて、同時に現在行われている運動の内容を見直していかなくてはなりません。同時に、身体の歪みを改善する施術を行う必要があります。

お子様の膝の痛み、まずはご相談ください!

痛みを我慢してスポーツを続けることは、お子様のスキル面でも身体の健康面でも、メリットは何一つありません。
お子様が痛みを訴えてきたら、まずは練習を休み、すぐに当院へご相談ください!
当院では、オスグットにお悩みのお子さま、そしてその保護者さまからじっくりとお話を伺い、触診や視診を十分に行った上でお一人お一人に最適な施術プランをご提案しております。スポーツ専門トレーナーが必要に応じて対応しておりますので、スポーツメニューの見直しに関しましてもお役に立つことができます。おおの鍼灸整骨院へ、まずは気軽にご相談ください。